• メディア・セミナー
    【お知らせ】BS日テレ「これぞ にっぽん通販」に出演します!
    2017年5月11日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】求人サイト「29R」にインタビュー記事が掲載されました!
    2017年2月8日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】日本テレビ「女神のマルシェ」に出演させて頂きました!
    2017年1月6日
  • インフォメーション
    「LINE@」初めました!お気軽にご質問ください!
    2016年10月24日
  • メディア・セミナー
    専門誌「月刊トレーニングジャーナル」2016年5月号に掲載して頂きました!
    2016年4月14日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】日本テレビ系列「女神のマルシェ」に出演させていただきます!
    2018年1月4日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】日本テレビ系列「久本雅美の これぞ にっぽん」に出演します!
    2017年11月6日
  • インフォメーション
    【お知らせ】BEST STYLE FITNESS新浦安のディレクターに就任しました!
    2017年6月1日
「疲れてるからチョコ」は、余計に疲れます!

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

先日、ダイエット中のクライアントの方からLINEで連絡があり、何かな?と思ったら、
「仕事が忙しすぎて…疲れて甘いものが食べたくなってチョコ食べちゃいました。。」との懺悔報告でした(笑)

特に疲れが溜まってる時など、異様に甘いものが食べたくなる時ってありますよね。
私もスイーツにはもともと目がないので、疲れ関係なくいつでも食べたくなります(大汗)

ですが、疲れているからチョコ(甘いもの)は、実は逆効果です!

チョコなどの菓子類は「嗜好品」として、たまーになら全然OKですが、
デスクの中に常にストックさせるなど、習慣にしてしまうのはオススメできません

今回は、なぜ疲れている時にチョコがいけないのか?理由をお話ししたいと思います!

疲れていると甘いものを欲するのはなぜ?

そもそも、なぜ疲れている時などに甘いものが欲しくなるのでしょうか??

それには「血糖値」が関係しています。

「血糖値」とは、呼んで字の如く「血液の中の糖分(ブドウ糖)の量」を表した数値ですが、
脳や身体を使うことでエネルギー(糖分)が消費され、疲労を感じる頃には血糖値が低くなっているので、それを補おうとして糖分を欲するのです。

なので正確に言うと、甘いものを欲しているのではなく「糖分(糖質)」を欲しているということになります。

急激に血糖値を上げると疲れる!

血糖値には、「急激に上がると、急激に下がる」という特徴があります。

これにはインスリンというホルモンを働きが関係しているのですが、
急激に下がるだけならまだしも、結果的に初めよりも低くなってしまうことさえあります

その為、疲れてるから糖分を摂取したのに、血糖値の特性によって余計に疲労を招く…なんてこともあるのです。

こちらが、糖質(炭水化物)の種類を図解したものです。

 

 

この図で言うと、下部のものほど分子が小さいので消化・吸収に時間を要さず、血糖値を急上昇させやすいです。
そのため、疲れているときは「糖類」に分類されるものはなるべく避けたほうが良いでしょう。

チョコのほとんどが実は「砂糖」

実は、スーパーやコンビニに売られているチョコの殆どは「砂糖」が主成分となっています。

商品の裏面に記載されている「原材料」は、多く含まれているものから順番になっていますが、
こちらの、とあるチョコの例でも「砂糖、カカオマス、全粉乳…」となっています。

 

どうしてもチョコが食べたいなら、こちら!

今では、カカオ(カカオマス)の含有量の多いチョコが気軽に手に入るようになりました。
スーパーやコンビニでも陳列されています。

カカオ率が高くなると、甘みは減りビターな感じが強くなりますが、
「どうしてもチョコが食べたい…」という方は、カカオ率70〜80%以上のものなどを選ぶようにしてみましょう。

糖分を摂取するならこれがオススメ!

そもそも、疲れている時に身体はチョコなどの甘いものを欲しているのではなく、
血糖値が下がっていることから、糖分(糖質)を欲しているというお話しをしました。

血糖値で指している糖分は、具体的には「ブドウ糖」のことなので、本来はお米などを食べることが望ましいですが、間食などでは食べづらいかと思いますので、

「ラムネ」「ブドウ糖のタブレット」などを活用してみてください!

欲しているものが不足しているとは限らない!

今回は「血糖値」の観点から、

  • なぜ甘いものが食べたくなるのか?
  • 食べたくなった時の避けたいものとオススメのもの

についてお話ししましたが、
実は「欲しているもの自体が、身体の中で不足しているとは限らない」という側面もあります。

ある栄養が不足していて上手く身体が機能しない場合、その栄養を補うべく、
身体の動かすエネルギー源にすぐ活用できる糖分(糖質)を取り入れようとする「代替システム」があります。

これはある種の「防衛反応」といえますが、本当に不足しているのは糖分ではないけれど、
他の不足している栄養を補えるくらい糖分を摂取しようとするケースがあるのです。

1つ1つのケースに触れると長くなってしまうので割愛しますが、
この場合は、糖分(糖質)を摂取することが根本的な解決にならなくなってしまいます。

裏を返せば、
その不足している栄養を補えれば、甘いものを欲してしまうことも防ぐことができるので、
たんぱく質や脂質、ミネラルなど、不足しやすい栄養を摂取することもオススメです。

具体的には、
プロテインなどサプリメントを利用してたんぱく質を、ナッツ類で脂質やミネラルを補給!
などは、いかがでしょうか??

「甘いものを摂ったわけではないのに、そんなに食べたくなってきたな…。」と感じることもありますので、疲れた時のチョコが定番になっている方は、ぜひ一度お試しください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_0083

月刊「トレーニングジャーナル」にて、インタビュー記事が掲載されています!

 

 

 

webからなら、24時間ご予約受付中!
クービック予約システムから予約する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 トレーニングのご予約も、こちらが便利です!

友だち追加数
関連キーワード
栄養・食事の関連記事
  • 「パスタは食べても太らない」は、ウソです!
  • 今年こそは!と意気込んでいるあなたへ!お正月太りの確実な解消法!
  • 糖質制限で、お米よりもまず先に制限すべきもの。
  • プロテインなどの人工的なたんぱく質は、腎臓を破壊する??
  • ダイエット中の空腹感に負けない、オススメ解消法!
  • 糖質を食べると痩せられない、と思っていませんか?
おすすめの記事
LINE BLOG スタートしました!
インフォメーション
東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、 港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、...