• インフォメーション
    「LINE@」初めました!お気軽にご質問ください!
    2016年10月24日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】日本テレビ系列「女神のマルシェ」に出演させていただきます!
    2018年1月4日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】求人サイト「29R」にインタビュー記事が掲載されました!
    2017年2月8日
  • メディア・セミナー
    専門誌「月刊トレーニングジャーナル」2016年5月号に掲載して頂きました!
    2016年4月14日
  • インフォメーション
    【お知らせ】BEST STYLE FITNESS新浦安のディレクターに就任しました!
    2017年6月1日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】日本テレビ「女神のマルシェ」に出演させて頂きました!
    2017年1月6日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】BS日テレ「これぞ にっぽん通販」に出演します!
    2017年5月11日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】日本テレビ系列「久本雅美の これぞ にっぽん」に出演します!
    2017年11月6日
週1回のトレーニングでも、身体は変えられますか?

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

現在、私のパーソナルトレーニングを継続して頂いている方々は、
週に1〜2回、1回につき60〜90分のトレーニングを受けて頂いています。

新規でお問い合わせ頂く際、「週1回でも身体は変わりますか?」とご質問頂くことが多いのですが、安心してください!週1回でも充分、身体を変えることができます!と、いつもお話しています。

「週に何回もトレーニングを受けに来ないと、身体は変えられないのでは…」
と思っていらっしゃる方が多いようなので、

週に1回のトレーニングでも身体を変えるために必要なことについて、
今回はお話ししたいと思います!

週に1回のトレーニング「だけ」で、身体が変わるということではありません!

勘違いして欲しくないのは、
週に1回トレーニングするだけで、それ以外はこれまで通り…では、身体を変えることは出来ません!

身体を変えるためには、運動・栄養(食事)・休養(睡眠)の3つの軸で考える必要があります。

 

これは、健康の3原則とも言われているものですが、どれか1つが欠けても成り立ちません。

こちらのブログでも、「ダイエットにおいて運動と食事は両輪」と何度も出てきますが、
いくらトレーニングを頑張っても、それ以上にに食べていれば体重は落ちないということが、代表的な例です。

週に1回のトレーニング以外、ジムに来る以外にも、食事の改善などで生活の習慣を変えていく努力は必要です。

トレーニングの1時間だけでなく、他の167時間をどのように過ごすか

1週間は、時間に換算すると168時間。
そのうち、週に1時間のトレーニングを例え3回頑張っても、トレーニング以外の時間の方が圧倒的に多くなります。

このことも、ジムでのトレーニングだけでなく、
その他の時間の過ごし方や、食事や睡眠含めた生活習慣を変えないと、身体は変えられないことを表しています。

1時間のトレーニングでどれほどキツいトレーニングで身体を追い込んだとしても、
他の167時間を挽回できるほど、残念ながら運動は万能ではありません。

ジムでのトレーニングに加えて、

毎回の食事で、「食べ過ぎないよう、少し食べる量をコントロールしよう。」
毎日の通勤の時に、「いつも座りっぱなしだから、階段を使ってなるべく歩くようにしよう。」

等といった、小さな行動を積み重ねることが、確実に身体は変えることができますし、
また、それが習慣化できれば、変わった身体をキープすることができます。

私も、指導中はただ頂いたお時間キツいトレーニングして終了!ではなく、
食事などをお話しを中心に、より良い習慣を小さなことから取り入れて頂けるよう、1日に1つはお伝えしています。

 リスクや習慣化を考えると、手段は2〜3つあった方が良い

ジムでのトレーニングも、身体を変えるあくまで1つの手段として考えていただき、
食事など、他の生活習慣を見なおすことは、リスクを分散させることにも繋がります。

もし、急な会食で予定がつかずジムになかなか行くことができない、
もしくは、体調不良やお怪我などで運動ができない状況になってしまった時に、

身体を変える術が運動だけだと、身体づくりが完全にストップしてしまい、
元に戻ってしまうどころか、リバウンドしてしまうことにも繋がります。
[kanren postid="1552"]

また、手段が運動+食事と複数あったほうが、単体で取り組むよりも1つにかかる労力が少なく済みます。
これは、習慣化することを考えると非常に重要なことで、変えた身体を維持したいなら必須です。

どんなにモチベーション高く、ハードなトレーニングに取り組んでも、
1〜数ヶ月は続けられるかもしれませんが、半年〜1年単位で継続することは難しいでしょう。

まとめ

今回は、身体の原理・原則生活習慣への影響継続・習慣化するためにという3つの観点から、

身体を変えるのに運動は週に1回でも充分なこと、
ただ、運動以外に食事改善など生活習慣を変える取り組みが必要なことをお話させて頂きました。

身体という結果を変えるためには、思考(考え方)と行動、そして習慣を変える必要があります。
こういった記事を通じて、思考(考え方)を変えるきっかけにご利用ください!

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 トレーニングのご予約も、こちらが便利です!

友だち追加数
関連キーワード
  • 「パスタは食べても太らない」は、ウソです!
  • 今年こそは!と意気込んでいるあなたへ!お正月太りの確実な解消法!
  • 糖質制限で、お米よりもまず先に制限すべきもの。
  • ダイエット中の空腹感に負けない、オススメ解消法!
  • 糖質を食べると痩せられない、と思っていませんか?
  • 痩せるためにプロテインを飲むなら、これを確認してください!
おすすめの記事
「食べない」選択肢を持ちましょう!
栄養・食事
東京都港区(赤坂、三田・赤羽橋)を中心に、フィットネスクラブや個人宅への出張にて パーソナルトレーナーをしております大瀧亮平です。 「三寒四...