• インフォメーション
    【お知らせ】BEST STYLE FITNESS新浦安のディレクターに就任しました!
    2017年6月1日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】日本テレビ系列「女神のマルシェ」に出演させていただきます!
    2018年1月4日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】日本テレビ系列「久本雅美の これぞ にっぽん」に出演します!
    2017年11月6日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】BS日テレ「これぞ にっぽん通販」に出演します!
    2017年5月11日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】求人サイト「29R」にインタビュー記事が掲載されました!
    2017年2月8日
  • インフォメーション
    「LINE@」初めました!お気軽にご質問ください!
    2016年10月24日
  • メディア・セミナー
    専門誌「月刊トレーニングジャーナル」2016年5月号に掲載して頂きました!
    2016年4月14日
  • メディア・セミナー
    【お知らせ】日本テレビ「女神のマルシェ」に出演させて頂きました!
    2017年1月6日

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

私のダイエットにおける食事改善のコンセプトに、

『必要なものはきちんと摂取して、あまり必要のないものを極力減らす習慣をつける』

というものがあります。

ただ、
「自分にとっての適量ってどのくらいなんだろう?」って、疑問に思ったことありませんか?

カロリー計算という指標や、腹8分目以下など主観によるものなど適量を知る方法は様々ですが、
食事と体重の記録を取っていれば確認できる、

糖質における適正量を知るための簡単なチェック方法をご紹介します!

ご自分がどれくらい食べて良いのか?食べたらいけないのか?不安な方は、
ぜひ、参考にしてみてください!

糖質の摂り過ぎは防ぎたい!

どんなものでも食べ過ぎれば、食べ過ぎが習慣化すれば体重は増えてしまいますが、
ダイエットやボディメイクしたいという方は、糖質の摂りすぎには特に注意が必要。

それは、

『摂り過ぎた糖質は、中性脂肪として蓄えられる』

という性質があるからです。

普段から活動的に生活していたり、筋トレをするなどして筋肉量が適正もしくは適正以上ある方は、
中世脂肪として蓄えられるまでに、もう少し段階があるのですが、

この性質が、「低糖質ダイエット」の起源とも言われています。

なので厳密には、

『「糖質は太る」のではなく、「糖質の摂り過ぎは太る」』

が正解ですね。

ですので、適正な量の糖質は全く問題ありませんし、糖質も他の栄養と同じく
生きて行くうえで必要な栄養ですので、適正以下になることで起こる問題もあります。

そのため、適正量を知るということは、
ダイエットに限らず健康的に過ごして行くためにも必要な指標と言えるでしょう。

体重推移のグラフを見る

チェック方法は簡単!
食事と体重の記録を並べて見てみましょう。

体重の記録をグラフ化してみると、1週間などの短期でも月単位での中期でも、
ギザギザな折れ線グラフで、スーッとした直線ではないはずです。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

その折れ線グラフから、

  • ピターッと止まったところが「適正量」
  • ピコーっと上がったところは「摂り過ぎ」

と、認識しておきましょう。

「この辺りはピターッと止まってるな。」というグラフに該当する日の食事を確認して、
その日の糖質の摂取量であれば、あなたは問題ありません!

もしピコーっと増えてしまった日の量には、なるべくならないように気をつけましょう。。

どんどん右肩下がりに下がっている最中であれば、その時は判断するタイミングではないので、
グラフが安定してからチェックすることをオススメします。

記録、可視化していることが前提

そもそも、上記の方法は

  • 日々の体重や体脂肪率などを計測していること
  • 計測したものをわかるように可視化していること

が、条件となります。

先日、書き出すことの大切さを記事の中でもお話ししましたが、

[kanren postid="2363"]

わざと見えるようにすることで、気づくことって意外にたくさんあります。

自分の身体は、自分が一番分かっているように思えますが、
実は、自分が一番分かっていなかったりします。

ただ、毎日記録をつけ続けるのは大変なので、
アプリと連動したり便利なグッズはたくさんありますから、どんどん活用しましょう、

「なるべく手数をかけずに自動化してしまう」というのも、継続するポイントの一つですね。

こちらの体重計はアプリと連動して、
測定するだけで全ての数値を記録、グラフ化してくれるのでオススメです!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 トレーニングのご予約も、こちらが便利です!

友だち追加数
関連キーワード
  • 「パスタは食べても太らない」は、ウソです!
  • 今年こそは!と意気込んでいるあなたへ!お正月太りの確実な解消法!
  • 糖質制限で、お米よりもまず先に制限すべきもの。
  • ダイエット中の空腹感に負けない、オススメ解消法!
  • 糖質を食べると痩せられない、と思っていませんか?
  • 痩せるためにプロテインを飲むなら、これを確認してください!
おすすめの記事
ダイエット
東京都内にて、ご自宅などへの出張トレーニングのほか、 港区(六本木、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、 パーソナルトレーナー...