肩が凝っても肩は揉まず、腰が痛くても腰は揉まない!?

東京でパーソナルトレーナーをしている大瀧です。

ダイエットの次に多いパーソナルトレーニングのご依頼、『肩こりや腰痛の改善』。
(ダイエットに関する記事はコチラ
病院で「運動してください!」と言われ、相談にいらっしゃるケースも非常に多いです。

基本、パーソナルトレーナーは治療行為は行えないため、痛みがある部位へ指圧したり揉んだりということはできません。
では、どのように凝りや痛みの改善へアプローチしているのか、考え方をご紹介したいと思います。

ポイントは、『なぜ』肩が凝るのか、『なぜ』腰が痛くなるのか。

肩が凝ったらマッサージを受けに、腰が痛くなったら接骨院へ、というのが常識になっているかもしれません。
マッサージや接骨院での治療を否定はしませんが、それだけでは根治はできません。
なぜならば、肩を押したり腰を揉んでも、それは『症状』へアプローチしているに過ぎないからです。

よく例えられるのが、
天井から雨漏りしているのに、床を拭き続けますか??というもの。
ここでいう『雨漏り』が肩こりや腰痛の『症状』であり、『床を拭く』という行為が『患部を揉む』という行為にあたります。
もちろん床がびしょ濡れの場合、応急処置として床を拭くことも必要でしょう。
それ自体を否定しているのではなく、それだけでは雨漏りは続きますし、ずーっと床を拭き続けなければなりません。
なぜ雨漏りしてしまうのか?その『原因』へアプローチ、要は天井を塞がなければ根治とはならないのです。

この考え方は、ボディメイク(スタイルアップ)にも応用できます!

姿勢が悪い(猫背など)から肩が凝るなら、その姿勢を修正していかなればなりませんし、
出っ尻(反り腰)が原因で腰が痛くなるのなら、正しい位置を認識しなければなりません。

『原因』にあたるものは人それぞれ違いますので、
パーソナルトレーニングでは必ず初回に“カウンセリング”というものを設け、
様々なチェックのもと原因を探り、適切なエクササイズをご提供しています

これはボディメイクやスタイルアップにも応用することができ、
なぜ、ぽっこりお腹が出てしまうのか?
なぜ、脚だけ痩せないのか?
ここに視点を置くと、闇雲に腹筋運動や脚を鍛えるマシンを頑張らなくても、改善することが出来ます。

 

文中にもありますが、マッサージや接骨院等での治療を否定するものでは決してありません。
急に発症し痛みに耐え切れない時は、我慢せずに治療を受けるべきだと思います。
私も以前、同じようなことがあり、接骨院へ駆け込んだこともありました。

ですが、治療に頼りっきりになり『症状に蓋をする』だけでなく、
一歩先へ進むことが、一生付き合うご自身の身体を『知る』きっかけになるかもしれません。
痛みにお困りの方は、是非一度ご相談ください!

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です