プロテインなどの人工的なたんぱく質は、腎臓を破壊する??

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木〜赤坂・麻布十番〜三田 赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

先日このような記事が出ていて、内容に関して様々な意見が飛び交っています。

医者がプロテインをオススメしない怖い理由

記事の内容はもちろん、この見出しを見ただけでも、
「プロテインって、本当は身体に悪いんだ…。」って、思ってしまいますよね。

私もキャッチーな見出しを見て、すぐに拝見しました。

内容の一部は理解できますが、特にプロテインをオススメしない理由については反対です。
プロテインを飲むなら、安心して飲んで欲しいと思います。

今回は、プロテインを安心して飲んで良い理由について、お話したいと思います!

そもそも、「人工的なたんぱく質」って何?

記事の中では「人工的なたんぱく質」という表記が何度も出てきますが、
プロテインは、果たして「人工的なたんぱく質」なのでしょうか?

「人工的」という言葉の意味も、様々な捉え方ができると思いますが、
文面から読み取ると、「自然界に存在しないモノ」という意味に捉えられます。

しかし、現在流通しているプロテインは、自然界に存在しているモノから作られています。

最も流通している「ホエイプロテイン」という種類も、
乳清という自然なものから作られていますので、「人工的」ではありません…。

分かりやすく言うと、(ホエイ)プロテインは大枠で捉えると要は「乳製品」と同じくくりです。

もし、「ヒトの手が加わっているモノ」を人工的と表しているのなら、
「加工食品」ということになりますので、それはプロテインだけではありませんよね…。

 

腎臓に負担をかけることは事実です。

記事の中でもお話されていますが、たんぱく質は身体にとって必要な栄養素です。
ですが、過剰なたんぱく質の摂取は、確かに腎臓に負担をかけてしまいます。

それは、たんぱく質を分解する過程で毒素(尿素窒素)が発生するため、
体外に排出しないといけないからです。

これは事実なので異論はありませんが、何もプロテインに限って起こることではありません。

肉や魚、卵などを大量に摂取すれば、それはたんぱく質を大量に摂取したことになるので、
プロテインを大量に摂取した場合と同様に、腎臓へ負担をかけてしまいます。

ちなみに、どの程度たんぱく質を摂取したら腎臓の機能を低下させてしまうのか、
明確な摂取量の基準は今のところ分かっていません。

ですが、腎臓の機能が低下していないか、血液検査で調べることはできます。

記事でも、「尿アルブミン値」や「血清クレアチニン値」という検査項目が出てきていますが、
腎臓の機能は「eGFR(推算糸球体濾過量)」という数値で、調べることができます。

現在では、この「eGFR(推算糸球体濾過量)」の数値が低ければ、
機能が低下していると判断し、たんぱく質の摂取を見直すというのが、基本的な考え方です。

 

摂り過ぎに注意すればOK!

もし、血液検査で腎臓の機能低下が疑われ、たんぱく質の摂取を見直す際には、
肉や魚や卵を減らすよりも、まずはプロテインから見直すべきでしょう。

それは、プロテインがあくまで「栄養補助食品」だからです。

プロテインは必ず飲むべきもの、ではありません。
ですが、食事からだけでは必要量が摂取できない場合には、有効な手段だと思います。

前述したように、大量なたんぱく質の摂取は腎臓に負担をかけてしまいますので、
摂り過ぎには注意した方が良いと思います。

プロテイン愛飲家(笑)の私は、この事実を知った時すぐに血液検査で調べましたが、
気になる方は一度、チェックしてみることをオススメします!

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です