痩せやすい、太りにくい食事の「原則」とは!

東京都港区(赤坂、三田・赤羽橋)を中心に、フィットネスクラブや個人宅への出張にて、
パーソナルトレーナーをしている大瀧亮平です。

ダイエット、つまり体重を落としていくうえで、食事の改善は必須と考えています。
改善方法はたくさんありますし、人それぞれ適切な方法は異なるのですが、

まだまだ少ない経験の中ではありますが、
多くの方が、健康的で長続きできるのではないかと考えている改善方法があります。

今回はその方法を「原則」と勝手に位置づけてお話させて頂きます。
食生活を抜本的に改善したいといいう方は、今回の記事を参考にして頂ければと思います!

 

「これさえすれば!」というのは、基本ありません!

先にも記したように、改善の方法はたくさんありますし、最適な改善方法も人それぞれです。

カーナビで例えると、
現在地(現在の体重など)と目的地(目標の体重など)によって、ルート(方法)が変わるのと同じことだと思います。

これさえやれば!
糖質さえカットすれば!
食べさえしなければ!
という、万人向けの方法は基本的に存在しないと考えています。

それは、
長続きできないもの(継続することが適さないもの)、
その方法を辞めたらリバウンドしてしまうものは、ダイエットではないと考えているからです。

それを踏まえた上で、太りにくい食事の原則とは!

私の考える原則は、
「マゴワヤサシイ」+玄米食を、腹7〜8分目食べる!ということです。
※「マゴワヤサシイ」の内容は、こちらからご確認ください!

 

食事の改善というと、以前こちらの記事でもお話しましたが、
「量・質・タイミング」の3点で考えることは大切だと思います。

ですが、量や質の改善を図る前に、
食事の回数(朝食を食べる、食べないなど)や時間(20時までに食べ終える、3食を8時間以内に食べ終えるなど)などの、
タイミングばかりに目が向いている方が非常に多いと思います。

また、タイミングは生活リズムによって一つの方法を継続することが難しい場合が多いですが、
上記の原則であれば、タイミング以外の要素である量や質に関して、充分カバーすることができます。

ポイントは、カロリーではなく栄養価です!

腹7〜8分目食べるということは、量のコントロールに他なりません。
食事は、身体を満足せるものであり、満腹感による満足感を味わうものではありません。

加えて、「マゴワヤサシイ」食であれば、カロリーのある3大栄養素だけでなく
ビタミンやミネラルなど、
加工食品では多く失われしまう微量栄養素もきちんと摂取することができ、
血糖値を急上昇、急降下させることのない、身体にとって優しい食事を摂ることができます。

 

食生活は、生活習慣やリズムと密接な関係があるため、
外食が中心ですと上記の食事を摂れるようなお店が無いため、なかなか難しいかもしれませんが、
スーパーやコンビニで食品を選ぶ際の基準としてだけでも、ぜひ活用してみてください!

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です