断食(ファスティング)しようとしている方へ、物申す!

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

12月は忘年会など、飲んだり食べたりする機会がいつもより多いからか、
最近は、クライアントとも食事の話題になることが多いです。

せっかく身体作りしているのに、台無しにしたくないですからね。。。

その話の流れの中で、
『断食(ファスティング)って、どうなんですか?』と聞かれることがあります。

私のクライアントの方でも、半分くらいの方が以前に断食を行った経験があるそうです。

私は断食(ファスティング)は否定はしませんが、
きちんと知識を持って、本質を理解したうえで行う必要があると思っています。

今回は、断食(ファスティング)をしようとしている方に知っておいてほしいことについて、
お話ししたいと思います!

体重を落とす(減量)目的で行うものではありません!

まず第一に、体重を落とす(減量)目的で行うなら、いますぐ考え方を変えましょう!

結果的に体重が落ちることになりますがそれは副産物で、主となる目的は以下のものです。

  • デトックス作用
  • 体質改善(アレルギーや代謝など)
  • 食生活の変換

基本的には、
食べないことで内臓を休息させることによるベネフィットを得られるのが断食。

本来、ダイエット目的で行うものではありません。
食べなければ体重は落ちますが、また食べ始めれば体重は戻りリバウンドの原因にもなり得ます。

何日間か断食にチャレンジして、体重が落ちたお祝いにパーッと打ち上げ…。
よくあるケースですが、これでは断食を行う意味はまったくありません。

せっかく内臓が休息できたのに、
休息明けにいきなり大きな仕事を与えられたら、またすぐ疲弊してしまいます。

みなさんも、連休明けにいきなる無茶ブリの大きな仕事を投げられたら、どうですか…?

 

食べないことでのデメリットも知っておきましょう

断食は減量目的で行うものではなく、
内臓を休息させることでのベネフィットを得るものだ、とお話ししました。

内臓を休息させることで、基礎代謝の向上など良い面もたくさんありますが、
当たり前ですが、食べないということはその期間一切栄養が入ってこないということ

このことはきちんと認識しておくべきだと思います。

身体は、脂質は体脂肪として、というように、
緊急時に使えるように、エネルギーを蓄えておくことができます。

断食(ファスティング)を3日以上行うと、体脂肪をエネルギー源として使うようになりますが、
これは最も頻繁に使われるエネルギー源の糖質が枯渇(無くなった)というサイン。

蓄えが無くなっているということですので、
敢えて飢餓状態、緊急事態を自ら作り出していることになります。

無闇に断食を行って健康被害が出たという報告も、実際にあります。

「食べ過ぎて体重増えちゃったから、とりあえず断食しよう!」と、
何の準備もなくただ盲目的に飛びつくことは絶対にやめましょう。

 

やるならきちんとした知識を得てから

昨日の夜に食べ過ぎたから、翌日の朝食を抜こう…くらいなら問題ありませんが、
丸一日以上(3食以上)抜くなら、まずはきちんと知識を得てから行いましょう。

インターネットにも正しい情報が載っていることはありますが、
閲覧するだけだと、自分に都合が良い情報のみをピックアップしてしまう可能性もあるため、

断食(ファスティング)の見識のある指導者に、直接会って指導を受けることをお勧めします。

正しくやらないと、食べないことでのデメリットのみが表面化してしまいます。

また、昨今、断食中に飲む用に酵素ドリンクと銘打って、
添加物だらけの粗悪品も多く流通しています。

これらのほとんどが、ただの清涼飲料水でしかありません。
内臓を休ませるのに、添加物たっぷりのドリンクを飲んでは本末転倒です。

何事も「本質を理解することの大切さ」は共通ですね!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です