コレステロール値を気にして、卵を避ける必要はありません!

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

クライアントに食事のアドバイスをさせて頂く際、
栄養価の高い食事をすることで身体づくりを促進したり、健康レベルを上げて頂きたいことから、

食事に卵を取り入れることを勧めることが多々あります。

ですが、卵を食べましょう!という話をすると必ずと言っていい程、
「でも、卵を食べるとコレステロールが上がるんですよね?」と心配される声を耳にします。

コレステロール値が上がることに、卵を食べることが関係していると言われていましたが、
それはもう過去の話し。

結論から言うと、卵を適量食べるだけではコレステロール値は上がりません。

栄養価の高い食品なので、ぜひ積極的に食べて欲しいと私は考えています。

今回は、卵とコレステロールの関係についてお話ししたいと思います!

そもそもコレステロールって何?

「コレステロール」という言葉はよく耳にするけれど、実際はよく知らない・・・
という方も多いのではないでしょうか。

コレステロールは、身体の中に存在する脂質(油・脂)の1種。
体内に存在する脂質の仲間には、お馴染みの中性脂肪(体脂肪)がいますね。

コレステロールは主に、

  • 身体を構成する「細胞」の膜の材料
  • ホルモンの材料
  • 消化液(胆汁)の材料

といった、私たちが生きていくうえで大切な役割を担っています。

「コレステロール=悪者」というイメージが先行して、
このような大切な役割があることは、案外知られていないかもしれません。

身体にとって大切なコレステロールの値(量)が上がることには、
一見すると問題はないように思えますが、

コレステロールが、身体の隅々へ運ばれていく過程で血管の壁に溜まりすぎてしまうと、
血管をつまらせ、心筋梗塞など大変な疾患の原因となり得ることから、

それらの値に気を配るようになりました。

特に、悪玉コレステロールといわれる「LDLコレステロール」は、
コレステロールを運搬する働きがあるため、リスクの原因と考えられています。

 

卵を食べることに関する最近の見解

卵には、たんぱく質を中心に、非常に多くの栄養が含まれており、
「完全食品」と言い表せるほどで、足りない栄養は「ビタミンC」くらい。

その栄養の中には特に黄身に脂質が含まれ、コレステロールの量が多いことから、
特にコレステロール値が気になる方は避けるように言われてきました。

確かに、動物実験では卵によってコレステロール値が上がったという報告もありますが、
雑食である人間が、特定の食べ物で値が上がることは考えにくいという見方もあります。

また、とある人体実験では、卵を食べることを習慣にしたほうが、
コレステロール値も含めて、健康レベルが向上したという結果もあるくらいです。

現在では、高脂血症など生活習慣病のリスクがある方を除き、
1日に1~2個など適度な量を食べることは問題ないという見解が主流になっています。

生活習慣病などのリスクをお持ちで、医師から指導を受けている方は、
食事に関しては、担当医師に必ず一度ご相談ください。

 

コレステロール値が上がること以外に注意したいこと

冒頭にお話したように、コレステロールが血管の壁に溜まってしまうと、
心筋梗塞など重大なリスクに発展してしまう可能性があります。

ただ、コレステロールの値が上がっただけで、
血中のコレステロール全てが血管の壁に溜まってしまうというわけではありません。

問題は、コレステロール(LDLコレステロール)が酸化してしまうこと
にあるということが分かっています。

身体の中で、活性酸素とコレステロール(LDLコレステロール)は結びついてしまうと、
リスクの危険性が高まってしまうのです。

そのため、コレステロールの値ばかりに気を配るだけでなく、
身体の酸化を防ぐ力、「抗酸化」の力を高めておくことも必要です。

すぐに始められる対策としては、「ビタミンC」「αリポ酸」などのサプリメントがオススメ!

特にビタミンCは、卵に欠けている栄養も補えるので一石二鳥です!

栄養価の低い、もしくは偏りのあるものは避けたほうが良いですが、
栄養価の高い食品は、適量に心がけ積極的に食習慣に取り入れてあげましょう!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です