ダイエットとボディメイクって、どう違うんですか?

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

先日、クライアントからこのような質問をいただきました。

『ダイエットとボディメイクって、どう違うんですか?』

どちらも痩せる・引き締めることで、「結局のところ同じでしょ?」
と、思う方も多いかもしれませんが、実は似て非なるもの。

そもそも分ける必要ある?という方もいらっしゃいますが、
クライアントのなりたい像を、鮮明なイメージで共有したいので、私は区別しています。

もし、クライアントの「こうなりたい!」というイメージをズレて認識していたら、
クライアントの望むサービスはご提供できませんし、

クライアント自身にも、「なりたい身体になるとはどういうことで、その為に何をするのか?」
を、きちんと理解してもらうことも大切です。

これは、途中で挫折しない為のポイントにも通じることなので、
今回は、ダイエットとボディメイクの違いについて、お話ししたいと思います!

「ダイエット」とは?

ダイエットとは、

『食事を改善して、適正な体重(体組成)になること』

と、私は解釈・定義しています。

ダイエットの語源となっている英語の「diet」には「規定食」という意味があり、
本来は痩せること自体ではなく、そのための食事(療法)を指しています。

中には、体重が低すぎて健康を害する恐れがある方もいらっしゃいますが、
体重が多すぎてリスクがある場合がほとんどでしょう。

過体重は、糖尿病など生活習慣病の因子となることでも知られています。

そもそも、体重が増えてしまった原因は、運動不足ではなく「食べ過ぎ」にあります。
これは、こちらのブログでも何度もお話ししてきました。

「ダイエットに効くトレーニング」というのは、本来は的はずれな表現で、
食事を改善する、食習慣を見直すことにフォーカスするものです。

適正な体重になりたいのであれば、運動ではなく「食事」を見直しましょう。

 

 

「ボディメイク」とは?

一方、ボディメイクは、

『運動と食事の改善で、体型や体調を整えること』

と、解釈・定義しています。

ボディメイクという他に、
シェイプアップやボディデザイン、広義では機能改善という表現もされています。

食事で体脂肪を減らしただけでは、ボコボコの腹筋は出来上がりませんし、
適正な体重にしただけで、ヒップアップできるわけではありません。

要は、体型(見た目)や身体のラインを変えるには、運動(トレーニング)が必要ということです。
身体のラインは筋肉が司っているので、運動は「筋トレ」が理想ですね。

ボディメイクに「体調を整える」という観点を持っている方は、少ないかもしれません。

適正な筋肉量を獲得することで、疲れにくい身体を手に入れたり、
姿勢や呼吸を整えて、集中力などから仕事のパフォーマンスアップに介入することもできます。

この場合は、重たいものを持つ筋トレは行いません。
重たいものを持つことだけが筋トレ、というわけではないのです。

 

まとめ

これまでお話ししてきたように、

  • ダイエット:食事を改善して、適正な体重(体組成)になること
  • ボディメイク:運動と食事の改善で、体型や体調を整えること

この2つは、似て非なるものなのです。

ダイエットにおいてアプローチすべきは「食事」で、
ボディメイクでは、ケースによりますが「運動」へのアプローチが比重は大きくなります。

アプローチが違えば、結果が自ずと違ってきます。

あなたが本当にしたいのは「ダイエット」ですか?
それとも、「ボディメイク」ですか?

もっと詳しく知りたい!という方は、こちらの本がオススメです!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です