健康的にダイエットしたいなら、1日3食きちんと食べましょう!

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

皆さんは、1日に何回食事をされますか?

おそらく、ほとんどの方が1日に3回の食事をされていると思いますが、

「朝食は食べたり、食べなかったりです…。」と、
中には、1日に2食という方もいらっしゃるでしょう。

健康的にダイエットをしたいのなら、それはオススメできません!

食事量が超過しないようにすることは必要ですが、
やむを得ない理由がなければ、食事は1日に3食しっかり食べましょう

今回は、ダイエットに1日3食が必要な理由をお話ししたいと思います!

ダイエット = 体脂肪を落とすこと

ダイエットを、「体重を落とすこと(減量すること)」と定義することも間違いではないですが、
落ちた体重の中身が「水分」や「筋肉」では、満足しませんよね?

ダイエットしたいほとんどの方が、体重が落ちることだけでなく、体重が落ちることによって、
身体のラインが整う(くびれができる等)ことを期待していると思います。

筋肉が減ってしまっては、身体のラインは逆に崩れてしまいます。
それどころか、代謝は下がり痩せにくい体質になってしまうなど、良いことはありません。

その為、私はダイエットを「体脂肪を落とすこと」と定義しています。

もし、食べ過ぎを防ぐために食事回数を減らしているのなら、それは、
体脂肪を落としているのではなく、体内の水分と筋肉を落としている可能性が非常に大きいです。

 

体脂肪を減らすために必要なこと

人の身体は、体脂肪を身体に蓄えるという機能を持ち合わせています。

ダイエットしたい方にとっては残念な機能かもしれませんが、
体脂肪も体温を保持するなど大切な役割があるので、この機能も生きていくうえで必要な機能です。

それとは逆に、体脂肪を消費(燃焼)する機能も、身体は持ち合わせています。

体脂肪を消費する機能を活発にすれば、思い通りに体脂肪を減らすことができるのですが、
それに必要なことは、ランニングなどの運動ではありません!

大切なことは、

『必要な栄養をきちんと摂取していること』

です!

いくら料理が得意でも材料がきちんと揃わなければ、美味しい料理を完成させることはできません。

それと同じように、身体の働きをきちんと機能させるためにも材料が必要なのです。
その材料が「栄養」です。

食事回数が少ないということは、それだけ栄養を摂取する機会が少ないということ。

1日2食で十分な栄養を摂るには、1回の食事で食べなくてはいけない量は相当な量…。
満腹以上に食べなくてはならなくなり、実質1日に2食では不可能です。

毎日コツコツと身体に必要な栄養を摂取することを考えて、
1日に3食食べることは最低限、習慣にしていきましょう。

 

ライフスタイル全体を見直しましょう!

食事の回数が3回よりも下回ってしまうという方は、
ダイエットのために意図的に少なくしているというよりも、

  • 何かと忙しくて、朝ごはん食べている時間がない
  • 朝ごはん食べる時間よりも、寝る時間を優先させたい

などの理由で、食事回数が少なくなってしまっているという方がほとんどかもしれません。

ダイエットを成功させたいのなら、日頃のタイムスケジュールを少しだけずらしてみましょう!

朝ごはんを食べる

朝、少しだけ早く起きる

夜、少しだけ早く寝る

帰宅後、ダラダラと続けてしまうネットサーフィンを◯分と決める

など、逆算方式で日頃何気ない行動を具体的に変更するのです。
でないと、習慣はなかなか変わりません。

ですが、これは結果的に健康的なライフスタイルを形づくることに必ず繋がりますので、
年始のタイミングで気分一新、ライフスタイル全体を見直してみてください!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です