暑くなるこの時期って、痩せやすいですよね?

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木〜赤坂・麻布十番〜三田 赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

先日、クライアントからこのような質問をいただきました。

「これからどんどん暑くなるけど、その分、痩せやすくなりますよね?」

これは半分は正解で、半分は不正解です。

もし、「暑くなるから代謝が上がって、みるみる痩せてくる!」と思っているなら、
大間違いです!

勝手に代謝が上がって、勝手に痩せてくれると思っていたら、痛い目にあいますよ…?

今回は、暑くなるから痩せやすい理由と、そうではない理由について、お話ししたいと思います!

暑いからといって、基礎代謝が上がっているわけではありません!

暑くなると、何もしてなくても汗がダラダラと垂れてきて、
人によってはこれを「代謝が上がってる…!」と感じるかもしれません。

「代謝が上がる」と聞くと、「基礎代謝」が上がっているとイメージされるかもしれません。

ですが、夏はさほど基礎代謝は上がりません!

これを聞くとビックリされる方が多いのですが、
基礎代謝とは、身体のあらゆる状態をある一定のところで保持するための手段の1つ。

冬は寒いので体温を上げようとしなければ、体温は下がる一方なので、
結果的に基礎代謝は上がりますが、夏は暑いのでその必要はありません。

何もしなくても汗をダラダラとかくのは、
上がりすぎた体温を下げようとしているに過ぎないんですよね…。

ですので、汗をかきやすくなっただけで、
代謝が上がる→痩せやすい、というのは間違いなのです。

 

上がるのは、活動代謝!

代謝にも種類があり、前述した基礎代謝の他に「活動代謝」というものがあります。

これは、身体を動かした時に消費するエネルギーのこと。

なにも運動(トレーニング)した時だけでなく、
仕事や家事などで身体を動かした時に消費するエネルギーも、活動代謝に当てはまります。

実は、夏に上がる代謝とは、この「活動代謝」のこと!

まったく同じ活動をしたとしても、暑い時期のほうがエネルギーを余計に消耗します。

結果的に、それだけエネルギーを消費できるので、これは身体づくりに有効活用できるのです!

 

暑かろうが寒かろうが、基本ときちんと向き合いましょう!

ここまでのお話しで、暑くても勝手に代謝が上がって勝手に痩せてくれるわけではない、
ということは、お分かりいただけたかと思います。

夏でも、あまり身体を動かさず不要に食べ過ぎれば、その分だけきちんと太ります(汗)

暑くなってくると、せっかく身体を動かした時の消費エネルギーが多く稼ぐことができるので、
どれだけ身体を動かすことを習慣にできるか、といったことが大切です。

でもこれは、暑い時期に限ったことではないですよね。

暑い時期だろうが、寒い時期だろうが、本質や基本的なことに変わりはないのです。

悩みを解決してくれる再現性の高い方法というのは、いつも決まってごく基本的なもの。

「この夏こそは!」と意気込んでいる方は、暑い時期のメリットを最大限活かせるように、
身体を動かす習慣が適正か?もう一度見直してみてください!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です