ダイエット中の「焼き肉」の楽しみ方!

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

ダイエットの基本は食事習慣の改善。

運動だけのダイエットには限界があり、そもそも太ってしまう原因のほとんどが
「食べ過ぎ」ですから、食事を改善しなければ根本的に痩せることはできません。

とは言っても、頭では理解していても食事を自分で管理することは簡単ではありません。

特に新年会などで会食が続いてしまうと尚更のこと。

先日、クライアントからも、
「夜遅い時間に仕事の仲間と焼き肉に行くことが多くて、食事が乱れ気味です。」

という声を聞きました。

焼き肉だからといって、ダイエットをあきらめる必要はありません!

焼き肉 = 太りやすい というイメージがあるかもしれませんが、
選んで食べれば、食事を楽しみながらダイエットすることは可能です!

今回は、ダイエット中の焼き肉の楽しみ方について、お話したいと思います!

ダイエット中に焼き肉を食べるときの原理・原則

焼き肉=太る ということは、決してありません。
これはフレンチだろうがケーキだろうが、どのような食事も共通です。

要は、あなたのその食べ物の食べ方、食事の仕方に問題があるのです。

食べる量を超過させない

焼き肉だからといって、ハメを外してお腹いっぱい食べていませんか?
(自戒を込めて・・・。)

シェアして食べると、自分がどれくらい食べているのか把握しずらいのが難ですが、
日ごろからご自分の適性量を認識していれば、問題ありません。

焼き肉といったらご馳走の代名詞のようなものですから、
つい食べ過ぎたくなる気持ちも分かりますが、このマネジメントはダイエットの基本です。

たんぱく質の摂取に集中する

食べる量が超過したうえに糖質までしっかり摂ってしまうと、体脂肪の蓄積は止められません。
せっかく美味しいお肉が食べられるのですから、たんぱく質の摂取に集中しましょう!

あとはお酒などの飲み物にも注意。
飲み物にも糖質の多いものはたくさんあるので、チェックする必要があります。

まぁ、お酒は飲まないに越したことはないですけどね…!

牛の脂は美味しいけれど、控えめに

脂の多いお肉はやはり美味しいですが、
牛の脂に代表される動物性の脂肪は、一定量摂ると体脂肪になりやすいので控えめに。

外食(会食)が続くせいで痩せられないという方は、
いつも頼む注文の内容自体を工夫する必要があるでしょう。

 

具体的な注文例

先程お話ししたポイントを踏まえて、具体的にはこのように工夫してみてください!

  • 白米:クッパやビビンバなどは糖質の量が多いので避けましょう。白米は大盛りではなく小盛りに。
  • お酒:ビールなどではなく、糖質の少ないハイボールはオススメ!酒量は控えめに。
  • 肉の部位:ロースを中心に。カルビやホルモンなど脂(脂質)の多いものは控えましょう!
  • 肉の味付け:塩を選びましょう!タレには糖質が多いです(汗)

普段の注文の仕方と、どれくらい違いがありましたか…?

 

原理や原則を理解していれば、応用可能!

ここまで、ダイエット中の焼き肉の楽しみ方についてお話してきましたが、
本当は、楽しむときは楽しんで、他の食事でカバー・調整できるようになることが理想です。

ですが、予定が続いてしまったり、ルールを決めないとついハメを外してしまう・・・
という方は、今回の内容を参考にしてまず実践してみてください!

太りやすい食事や料理があることは否定しませんが、
体重を落とす為の食事の原理や原則を理解していれば、どんな食事でも太ることはありません!

その原理・原則とは、

  1. 食事の量(どれくらい食べるのか?)
  2. 食事の内容・質(何を食べるのか?)
  3. 食事のタイミング(いつ食べるのか?)

この3つです。

ロースを食べる、ハイボールを飲む、といった枝葉の部分ではなく、
幹や根っこの部分となる、この原理・原則に目を向けてみましょう!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です