お正月太りを解消する、たった3つの方法!

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

年が明け、1月も3分の1が過ぎましたが、お正月ボケは抜けましたか?(笑)

カレンダーの関係で、短めの休暇だった方が多いようですが、
年末年始で増えてしまった体重はいかがでしょうか…?

私のクライアントも、平均して1〜2kgほど増えていました。。。

ただ、何が増えたのか?に目を向けてみると、
体脂肪ではなく糖質や水分といった、いわゆる「浮腫み」の場合がほとんど。

だからといって放置しておくと、みるみるうちに体脂肪として蓄えられてしまうので、
早急にもとに戻すことを強くオススメします!

今回は、毎年年始の定番ネタ、お正月太りの解消法についてお話ししたいと思います!

お正月に太ってしまう原因は?

「お正月太り」という言葉、いつの間にか定着していますが、何も特別なものではありません。

体重が増えてしまうあらゆるケースと同様、

  • 食べ過ぎ
  • 運動不足

この2つが原因です。

お正月はお節(おせち)を食べたり、箱根駅伝を見ながら家でゴロゴロ…といった、
一般的なお正月の過ごし方から考えると、

食べる量が増えるだけでなく、糖分や塩分を特に摂り過ぎやすいことと、
日常生活に比べると、特に運動不足に陥りやすいといった傾向があります。

お正月の過ごし方を振り返ってみると、みなさんはいかがでしょうか?

 

解消法はたった3つ!

先程お話しした傾向から、解消法はこれからお話しする3つをご紹介します!

  1. 毎食の食事量を3分の2程度に減らす
  2. 糖質の摂取を減らす
  3. とにかく身体を動かす(運動する)

毎食の食事量を3分の2程度に減らす

お正月太りに限ったことではないですが、体重を元に戻したい(減らしたい)のであれば、
食べる量を減らす必要があります。

もちろん、身体に必要な栄養分まで下回る必要はないので、
まずはいつもの量から3分の1程度カットし始め、体重の推移を見て調整することをお勧めします。

糖質の摂取を減らす

お正月はお節(おせち)やお餅など、特に糖質の摂取に偏りやすい傾向にあるため、
先程お話ししたように全体量をコントロールしつつ、糖質の摂取量にも気を配りましょう。

通常、毎食お茶碗1杯ずつお米を食べているようでしたら、
1日1〜2回に減らすなど、増えた体重が戻るまでは明確に減らす必要があります。

お米や麺類・パンなどだけでなく、スイーツやドリンク類にも糖質が含まれているものが多いです。
お米を減らせばOKというわけではないので、注意しましょう!

とにかく身体を動かす(運動する)

私も人のことを言えないのですが、お正月って身体動かさないですよね(汗)

普段、通勤ではなんとか歩いていた…という方は、年末年始の休暇で
それすら無くなってしまうと、極度の運動不足に陥ってしまいます。

その為、日常生活において増えた体重を戻すには、食事の改善がウエイトを占めますが、
お正月太りに関しては、食事改善だけでなく身体を動かす習慣を取り戻す必要があります。

このお話しをすると、「筋トレした方がいいですか?」「走ったほうが良いですか?」と、
オススメの運動の種類を聞かれることがあるのですが、

運動なら何でもOKです!!!

どちらの方が効果的だろう?などと考える前に、とにかく身体を動かしましょう!

これまでお話しした2つの食事改善とセットで行っていただければ、
筋トレでもランニングでも、体重を元に戻すことは可能です!

 

体重が短期間に増えてしまったら、思い出してください!

今回は「お正月太り」の解消法というテーマでお話ししてきましたが、
例えば、

  • バカンス(旅行)から帰ってきたら、体重が増えていた。。
  • 飲み会(食べる機会)が続いて、体重が増えてきた。。

のように、短期間で増えてしまった体重を元に戻したい時は、
今回お話しした方法と同じように、トライしてみてください!

冒頭でもお話ししましたが、
短期間で増えた体重の内訳は、体脂肪ではなく糖分と水分のケースがほとんど。

筋肉や肝臓に糖分と水分が過剰に蓄えられ、身体が浮腫んでいる状態なので、
浮腫みで済んでいるうちに、食事と運動の両面からアプローチしましょう!

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です