こういう時くらいは…と、借金のし過ぎに注意!

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木〜赤坂・麻布十番〜三田 赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

気温の高い日も多くなり、だんだんと薄着になってきましたね。

今日も、一人クライアントの方が水着みたいな格好でいらっしゃって、
ビックリしました(笑)

夏に向けて身体を作っているという方も多いと思いますが、
順調に身体づくりは進んでいますでしょうか?

あまり思うように変わっていない…。という方がいれば、
食生活に、ほころびがないか確認してみましょう!

  • 「何かと飲む機会が多くて…」
  • 「頑張ったご褒美が多すぎるかも…」

管理しているつもりでも、振り返ってみると、
「あっ…。」ということが少なくないかもしれません。

ずーっと制限するのもストレスフルなことなので、食べたり飲んだりは全然OKですが、
その分、他でカバーしていますか?

これは「お金の管理」に例えて考えると、すーっと腑に落ちるはずです。

結局、こういう時くらいは…と食べたり飲んだりが多い方へ、
身に付けてほしい考え方について、今回はお話ししたいと思います!

まず始めに「可視化」しましょう!

そもそも、食べたり飲んだりする機会が多い方は、

  • いつ
  • どこで
  • 何を

食べたか、覚えていますか?

これを感覚や記憶に頼っていて、食べていない「つもり」飲んでいない「つもり」
に、なってしまっている方は少なくありません。

事情聴取のように聞き出していくと、「私、飲み過ぎだね…。」
となるのは、よくあるケース。

食べたり飲んだりする機会があまりに続いてしまわないように、
事前にスケジュールを管理できれば尚良いですが、

イレギュラーな予定が入ることも少なくないと思いますので、
事後でも構いませんから、記録を残しておきましょう。

手帳でも良いですし、スマホのカレンダー機能を使うのもを良いでしょう。
マメな方は、食べたものを写真に残しているというパターンもありますね!

「体重を計るだけダイエット」のように、
可視化する(見えるようにする)ことで、自然と自制心を助長することも期待できます。

感覚や記憶に頼っていた…。という方は、ぜひお試しください!

 

お金を使いすぎたら、どうしますか?

想定外の飲み食いは、お金に例えたら想定外の「出費」です。

こういう時くらいは…と気前よくお金を出すのは良いですが、
そういった出費がかさんだら、あとあとキツいですよね(汗)

ボディブローのように、ジワジワと効いてくるはずです。

身体も一緒。

こういう時くらいは…と飲み食いを続けていると、
直後は浮腫みくらいで済んでも、ジワジワと体重や体脂肪が増えてくることでしょう。

今月お金を使いすぎたら、おそらく来月は少しセーブするはずです。

買い物を少し控えよう。スタバの回数を減らそう。などと。

飲み食いが続いた時、同じようにこういった調整・カバーをしていますか?

ご自分がどのような食生活を送っているのか、感覚や記憶に依存している方は、
調整やカバーが出来ていないという方が、ほとんどです。

お金に例えたら、分かりやすい話しだと思います。

ちなみに、先ほどの「可視化する」というお話しは、
お金においては「家計簿をつける」ということに例えられますね!

 

調整・カバーの具体的な方法

じゃあ、実際にどうやって調整したりカバーしたりすればいいの?

ということで、今回は具体的な方法を1つ、ご紹介します。

それは、

プチ断食

です。

断食もあまりに長期間行ってしまうと、
筋肉ばかりが落ちてしまったりと、不安な面もありますが、

短時間(期間)なら、そういった心配も最小限に抑えられます。

具体的には「1食抜く」という方法が、最も行いやすいプチ断食だと思います。

一番のオススメは、

夕飯を早めに食べ終えて、次の日の朝食を抜くこと!

そうすることで食間をある程度長く確保できるので、効果を実感しやすいでしょう。

このプチ断食もあまりに乱発すると、身体によって必要なものが失われたたり、
体調不良を引き起こす可能性もありますので、

可視化スケジュールをもとに、明らかに「借金」が多いときだけ実施してみてください!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です