食べた後にすぐ横になると、太ってしまう理由!?

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

ダイエットのため、健康のため、目的は様々ですが、
食事にはできる範囲で気を使っているという方は多いと思います。

腹8分目を心がけて食べ過ぎないようにしている、糖質制限をしている、など、
食事の管理法も多種多様です。

食事管理の中で、「夕食と就寝時間の間を◯時間は空けている」
という方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

これには、

『食べた後にすぐ横になると(寝ると)、太りやすい』

というものに基づいた管理法だと思います。

ですが、食べた後にすぐ横になると(寝ると)、太りやすいということはありません!

「えっ?ホント?」と思われた方も多いかもしれませんが、
実際は、食後は横になるなど安静にしたほうが太りにくいのです。

今回は、食後の過ごし方についてお話ししたいと思います!

食後は安静が一番

食事をした後は、身体には「食べたものを消化・分解する」という大きな仕事があります。

これは食べたものから必要な栄養を身体に取り入れ、
身体を成長させたり、飢餓などに陥らないようにするためです。

消化や分解は、胃腸を中心に非常に労力の必要な仕事で、
それに伴って消費するエネルギーには、「食事誘発性熱産生」と名称がついているくらいです。

「食事」をダイエットに活用する方法!

2015.10.30

エネルギー(カロリー)を摂取しながらも、それが消費も引き起こしているという構図です。

ちなみに、3大栄養素の中で最も食事誘発性熱産生が高いのが「たんぱく質」なことも、
ダイエット中にたんぱく質の摂取を勧められる1つの理由です。

それくらい大きな仕事なので、食事の後はその大きな仕事に集中させてあげた方が、
身体にとって効率が良いのは言うまでもありません。

皆さんも、大きな仕事を抱えているのに、上司から仕事を無茶ぶりされた経験ありませんか?
…あまり良い気持ちはしませんよね(笑)

ぜひ、ご自分の身体には同じようなことをしないであげてください!

食事の後は、ソファに横になるなどなるべく安静にして、
身体が働きやすい環境を作ってあげましょう!

 

食後すぐに動くほうがデメリットは大きい

食後すぐの運動を勧めるようなダイエット法がありますが、私はあまり共感できません。

様々なシチュエーションがあるため、一概に良い悪いは言えませんが、
やむを得ない理由がなければ、なるべく大きな仕事に集中させてあげてください。

自律神経の働きで分類してみると、

  • 身体を動かす→交感神経優位(スイッチON)
  • 消化・吸収→副交感神経優位(スイッチOFF)

となり、身体にとっては全く逆の仕事。

一方の上司からは経費を使うよう指示され、もう一方からは経費を使わないように指示を受けたら、
皆さんも混乱しますよね?

身体の中でも混乱が起こり、それは「消化不良」というかたちで身体にダメージを及ぼします。

例えば、胃腸の機能を著しく低下させたり、
摂った栄養をきちんと吸収できず、脂肪(中性脂肪)として蓄えてしまうことさえあります。

胃腸(内臓)の機能の低下は基礎代謝の低下に直結しますので、これも避けたいもの。

その為、食後すぐに活動的になるより、食後ゴロゴロしていた方がよっぽど太りにくいのです。

 

朝ムカムカするのは、すぐ寝たせい?

食事をした後に身体の中で起こっている働きから、
食後はなるべく安静にしていることをお勧めしましたが、

これは「夕食と就寝時間の間を空ける」ことを否定しているわけではありません。

ですが、その解釈は見直してみても良いのではないでしょうか。

本来、「夕食と就寝時間を空ける」というのは、「寝る間際に食べることを防ぐ」ためではなく、
「夕食の時間を早めること」にあります。

夜遅い時間より、少しでも早い時間のほうが胃腸の働きも活発。

活発なタイミングで食事を摂った方が消化・吸収もスムーズに進むため、
夕食はなるべく遅い時間にならないようにすることをお勧めします。

「食後すぐに寝ちゃったから、翌朝、胃がムカムカした…」という経験があるかもしれません。

でもこれは、食後すぐに寝てしまったことが原因ではなく、

  • 夜遅い時間に食べてしまったこと
  • 食事の内容が夜遅い時間に向いていないものだったこと

この2つが主な原因だった可能性は非常に高いです。

どうしても夕食が深夜になってしまったとしても、消化の良いものを、
いつもよりも少ない食事量で済ませていれば同じ結果にはならなかったでしょう。

身体のことを知ると、今まで持っていたイメージと180°考えが変わることは結構あります。

これからは、ご家族の方が食後ゴロゴロしていても怒らないであげてください(笑)

 

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です