風邪を引いている時って、軽くでも運動すべきですか?

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

風邪を引いている方、すごく多いですね。
私も先月、風邪を引いてしまいましたが、全快に2日間ほどかかってしまいました。

何かと忙しい12月は、体力・栄養の状態と疲労・ストレスのパワーバランスが崩れやすく、
どうしても風邪も引きやすいです。

私のクライアントでも何人か風邪っぽい方がいらっしゃいますが、
風邪くらいでダイエットを休止できない!と、咳をしながらでもセッションにはお越し下さいます。

その身体づくりに対する意識の高さはスゴイと思いますが、
程度によるとは言え風邪を引いている時の運動は、あまりオススメできません

風邪を引いているから…と運動強度を下げ、ダラダラと低空飛行を続けるよりも、
風邪を治すことに集中して早く治し、全快で運動を再開したほうが利益は明らかに大きいです!

今回は、風邪を引いている時に運動をしないほうがいい理由について、お話ししたいと思います。

風邪を引いている時に運動がオススメできない理由

体を動かすと、どんな運動であれエネルギーを消費します。

そのエネルギーは、食事で得た栄養から身体に蓄えていたものですが、
風邪を引いた時は、そのエネルギーをなるべくウイルス撃退に集中させたいところ。

ですがそんな時に運動してしまうと、ウイルス撃退に集中させたいエネルギーが、
運動で使われている筋肉などに送られてしまい、

必要なエネルギーをウイルス撃退に送ることができなくなってしまいます。

要は運動してしまうことによって、風邪の治りが遅くなってしまうのです。

薬を飲んでいても同じです!

これは薬を飲んでいる時も同じこと。

薬で治ったと思っている方も多いですが、厳密に言えば薬では風邪は治りません。

咳やくしゃみ、鼻水といった表面化している症状を抑えているだけで、
ウイルスをやっつけてくれているわけではありません。

治しているのは、身体に蓄えた栄養エネルギーをもとに、
免疫系など身体がもともと備えている力が働いてくれたおかげ。

薬を飲んで症状が治まっていたとしても、
その時に運動すれば治りが遅くなってしまうことに変わりはありません。

 

風邪を引いた時のたった3つの対策

運動によって風邪の治りが妨げられてしまっては、
それだけ休養しなくてはならない期間が長くなってしまいます。

以下の3つのことに集中して、サクッと風邪なんか治しちゃいましょう!

  • 水分補給
  • 栄養摂取
  • とにかく寝る!

水分補給

ウイスルを撃退するために、身体は多くの水分を必要とします。
熱が出て体温が上がっているなら、水分補給を積極的に行わなければ脱水症状になることも。

今ではコンビニや薬局で「経口補水液」なるものも手軽に購入できるので、
身体にきちんと吸収させることを考えると、水道水よりもオススメです!

栄養摂取

食欲があれば、ウイルスをやっつける資源となる栄養をきちんと摂取してあげましょう!

ただ、あまり消化が大変なものを食べてしまうと、胃腸に負担がかかってしまうので、
シンプルに且つ的確に必要な栄養を摂取できるものが理想です。

  • お粥
  • ビタミンC(サプリメントでOK!)

この2つは鉄板メニュー!

ビタミンCのサプリメントは、こちらを直接摂取してみてください!

とにかく寝る!

あとは、とにかく寝ること!

先程もお話ししましたが、余計に身体は動かさずウイルスをやっつけることに集中しましょう!

いつもの寝る時の格好よりも少し厚着をして、身体をなるべく暖めてあげてください!

 

運動が全てにおける解決策とはなりません

健康の3原則に「運動・栄養・休養」とありますが、
運動がどのような時にも身体に良いとは限りません。

今回お話しした風邪を引いたなど体調の優れない時には、
体調不良をさらに悪化させてしまうことさえあります。

私自身も恥ずかしながら、体調が優れなかったのですがどうしても筋トレしたくて、
その結果、筋トレ後にすこぶる体調は悪化。

やっぱりやめておけば良かった…。という経験は数知れず(汗)

悪化してしまったら、その分休養に充てなくてはいけない時間が長引き、
結果、運動を休む時間や期間も長引いてしまいます。

「あれ?なんだか体調おかしいな…?」という身体のサインを無視せず、
こういう時は運動はひとまず置いておいて、栄養と休養に舵を切りましょう!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です