食事の改善に、「プロテイン」って必要ですか??

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

先日、クライアントと食事(栄養)の話をしている中で、
たんぱく質の大切さについての話題になりました。

お話しを聞いている中では、あまりたんぱく質を摂れていないようだったので、
もう少し摂るように勧めていると、

『やっぱり、プロテインとか必要ですか?』

と、ご質問をいただきました。

私は、たんぱく質が摂れていないと、必ずしもプロテインが必要とは思っていませんが、
食事から摂ることが難しいのであれば、プロテインも解決策の1つだと考えています。

ですが、1つ言えることは、

『たんぱく質は、食事から摂ることが1番』

ということ。

これはたんぱく質に限ったことではありませんが、主は食事で考えてほしいです。

今回は、普段の食事からたんぱく質を摂ることの大切さについて、お話ししたいと思います!

たんぱく質の摂取は大切

こちらのブログでも何度かお話ししていますが、
たんぱく質をきちんと摂取することは、とても大切なことです。

これはたんぱく質に限ったことではなく、炭水化物(糖質)や脂質も同じですが、
身体にとって必要な栄養であり、生きていくうえで必要な資源です。

たんぱく質と聞くと「筋肉になる」というイメージがありますが、
それだけではなく、

お肌や髪の毛などを構成する資源となりますし、
脳や酵素の働きにも影響があることが分かっています。

先程もお話ししましたが、「生きていくうえで欠かせない」ということです。

目安としては、体重1kgあたり1g、体重50kgの方であれば50gが1日に必要な量となります。

ステーキで言えば300gほど、卵だと10〜12個相当。
どうですか?みなさんは1日に必要なたんぱく質は摂れていますか?

 

食事から摂ることのメリット

ただ、とにかく1日に50g摂ればいいかというと、そういうわけでもありません。

きちんと食事から栄養を摂取することには、大きなメリットがあります。それは、

『消化・吸収が良い』

という点です。

これには噛むこと、『咀嚼』が関係しています。

人間には、食べたものを消化して身体に吸収する機能が備わっていますが、
実はそれは「噛むこと」でスイッチが入ります。

胃に食べたものが届いてから、働き始めるのではないのです。

きちんと消化・吸収機能にスイッチが入っていない状態で仕事をさせてしまうと、
「消化不良」などの恐れもあり、様々な臓器に過度な負担をかけることにもなり兼ねません。

プロテインを飲むと必ず消化不良になる、ということではありませんが、
口に入れた後のことを考えると、よく噛んで摂取するほうが人間にとって自然なのです。

口に入れたものがきちんと身になるように、基本は食事から摂ることを考えたほうが賢明でしょう。

 

サプリメントは「補助」

あくまでサプリメントは「補助」。英語でも「栄養補助食品」という意味です。
あくまでプロテインは、「食事で摂りきれないたんぱく質を補うもの」という認識でいましょう。

初めにもお話ししましたが、食事から摂れていればサプリメントは必要ないですし、
食事からだけでは不足してしまう時は、サプリメントを使うことも1つです。

その為には、今どれくらいたんぱく質が摂れていて、どれくらい不足しているのか。
その不足を埋めるためには、何杯くらいのプロテインが必要なのか。

最低限、これくらいは抑えたうえでプロテインは飲みましょう。
いくら身体に良いものでも摂り過ぎれば、体重が増える原因となってしまいます。

身体に良かれと思って摂ったプロテインが、ダイエットのブレーキとならないよう、
現在位置を確認してから摂取するようにしましょう!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です