代謝を向上させる、筋トレのプログラムデザイン!

東京都港区(赤坂、三田・赤羽橋)を中心に、フィットネスクラブやご自宅への出張にて、
パーソナルトレーナーをしております、大瀧亮平です。

くびれをキレイに作りたい!
胸板を厚くしたい!
脚のラインを整えたい!

などの、見た目(外見)を変えたいのであれば、
ほとんどの場合、筋トレが必要です。

筋トレには、様々な方法やテクニックがありますが、
今回は、代謝をより促進させ多くのエネルギーを消費できる方法をご紹介します!

 

筋トレをデザインする変数とは??

筋トレにおいて、どのような種目を行うのか?といったメニューに目が行きがちですが、
重量、反復回数、セット数、セット間の休憩時間など、細かい変数がたくさんあります。

それぞれの変数は目的や目標によって異なり、
これらの変数を感覚で設定してしまうと、思うような効果は得られないでしょう。

今回は、筋肉量や体脂肪量、体脂肪率などの体組成を変化させ、
身体の見た目を変えるデザインの一つ、サーキットトレーニングのご紹介です!

サーキットトレーニングとは??

サーキットトレーニングとは、
一連の種目を最小限の休憩で行う方法のことです。

おおよそ3〜5つほどの種目を一つのセットと組むことが多く、
また、1種目における反復回数は8〜20回あたりに設定します。

この流れを1〜3セット行いますので、
心拍数(脈拍)も非常に向上する、強度の高いトレーニングテクニックです。

トレーニングの順番は、上下交互に!!

このサーキットトレーニングを取り入れるにあたり、
加えて、上半身の種目、下半身の種目を交互に行ってみましょう。

例えば、
①胸の種目(チェストプレス、ベンチプレスなど)
②脚の種目(レッグプレス、スクワットなど)
③背中の種目(ラットプル、チンニングなど)
④脚の種目(②の種目や、ランジなど)
⑤肩の種目(ショルダープレスなど)
のような、流れになります。

上半身、下半身を交互に行うことで、血流を上下に激しく促進することができるため、
大きなエネルギー消費を誘発し、代謝の向上を図ることができます。

 

上記のサーキットトレーニングは、多数のマシンやツールを一度に使用するため、
フィットネスクラブ等では実施が難しい場合が多いですが、

その際は、サーキットトレーニングのように複数の種目を連続して行うのではなく、
上半身、下半身の種目を交互に行うことだけでも、試してみてください!

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です