足(脚)に悩みがあるのなら、ハイヒールを止めましょう!

東京都内にて、ご自宅などご希望の場所への出張トレーニングのほか、
港区(六本木、麻布十番、三田・赤羽橋)のフィットネスクラブで活動している、
パーソナルトレーナーの大瀧です。

ボディメイクを目的にトレーニングに来られる女性のほとんどが、
お腹や二の腕と同じように、足(脚)に悩みを抱えています。

  • 太ももを細くしたい!
  • お尻を引き上げたい!
  • ふくらはぎを細くしたい!

それらの原因が、筋肉が不足しているのか、筋肉が過剰に付き過ぎているのか、
はたまた、体脂肪がついてしまっているのかは個人によって違いますが、

そもそも足(脚)を変えたいのなら、日常生活で控えてほしいことがあります。

それは、

『ハイヒールを履くことを止める』

ことです。

不自然な姿勢を強いられるハイヒールは、足(脚)に与える悪影響は非常に大きいです。

今回は、足(脚)を変えるためになぜハイヒールを止めたほうが良いのか、
その理由と対策についてお話ししたいと思います!

ハイヒール = つま先に過度に体重がかかる、ということ

ハイヒールを履くということは、それはつま先に過度に体重をかけてしまうことに繋がります。

足裏は、私たちが生活する上で唯一、地面と接している場所。

他の動物達は、4足歩行のため足のバランスが崩れても他でカバーできるかもしれませんが、
2足歩行の私たちは、そうはいきません。

本来、足裏はつま先もかかとも全体が地面と接地すことで、その機能を発揮しますが、
つま先のみにそれを頼ってしまうと、他の機能で代償しなければ立つことすらままなりません。

例えば、その場でつま先立ちをしてみてください。

おそらく、骨盤を前方へ引き出さないと真っ直ぐ立っていられないと思います。

逆に、かかとで立とうとすると、お尻を後方へ出さないとバランスを保つことは難しくなります。

このように、足裏が地面ときちんと接地していないと不自然な姿勢を生んでしまい、
それが脚の太さ、浮腫み、たるみに繋がっているのです。

 

サイドブレーキをかけたまま、アクセルを踏んでも…。

ハイヒールが与える身体への影響をお話ししましたが、
ここに対策を打たないで、筋トレをしたりストレッチをしても、

車で例えたら、サイドブレーキをかけたままアクセルを踏もうとしているようなもの。

この場合、どのように、どれくらいの強さでアクセルを踏むか?を考えるのではなく、
まず、ブレーキを外すことが先決です。

その為、私はハイヒールを普段ずーっと履いているのに、
筋トレでなんとか脚を細くしようということには、無理があると考えています。

 

ハイヒールを止められない方へ!

とは言っても、仕事で履かなくてはいけない…!というように、
どうしてもハイヒールを止められない、という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方でも大丈夫。

ハイヒールを履くことによる身体への影響は変えられませんが、
それをカバーする習慣を身に付ければ良いのです。

食事をしたら歯を磨く、と全く同じこと。

食事回数が3回なのに歯磨きの回数が1回であれば、虫歯になる可能性はそれだけ大きくなります。

足(脚)に負担をかけた分、ケアをその日のうちに行うことを忘れないでください!

簡単なセルフでできるマッサージでも良いですし、
グリッドなど、ツールを用いてケアすることも私はオススメしています。

その他にも、このようなツールをご紹介しています。

こちらを室内でのスリッパ代わりに履いていただくことで、

簡単に言うとハイヒールを履いている逆の状態を作ることができるので、
足(脚)にメンテナンスに非常に適しています。

とにかく、かけた負担をそのままに放置しないできちんとケアする習慣を身に付けましょう!

その上で行う筋トレやストレッチは、きっと良い結果へ導いてくれるはずです!

 

 

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です