身体のラインを作るには、エクササイズが必要です!

東京でパーソナルトレーナーをしている大瀧です。

気候もすっかり暖かくなり段々と薄着になるこの季節、身体のライン気になりますよね。
体重を落とす(ダイエット)には、食事改善が高い比重を占めますが、
身体のライン、要は見た目を綺麗に作るには、やはり筋トレやストレッチなどの『エクササイズ』は欠かせません!
そのメカニズムを、今回は簡単にご紹介したいと思います。

体重が落ちても、身体は細くならない…?

体重を落とそうとダイエットに励む際、
ランニングなど運動をしたり食事改善をしてターゲットとなるのは、余分についてしまった『体脂肪』ですよね。

ですが、くびれやヒップ等、外見の身体のラインは筋肉の状態で左右されます。
筋肉が全く使われていない部位は弛んでしまいますし、
逆に使われすぎてしまうとパンパンに張ってラインを崩してしまいます

もちろん体脂肪は筋肉よりも表層にありますので、体脂肪が減ることで“引き締まる”ことはあるかと思いますが、
私が多くのお客様と接している中では、
この“引き締まる”という現象は、おそらく痩せたい!と考えている方々のイメージとは若干の『誤差』があるように思います。
(※ここで体脂肪とは皮下脂肪を表現しています。)

体脂肪率が平均的な数値の場合(あくまで目安ですが男性15〜20%、女性20〜25%)は特に、
身体を細くしてラインを作ることで見た目を良くしたいのか、とにかく体重など数値を改善したいのか、
『目的』に合わせて『手段』を選ばないと、運動頑張っているのになかなか思うような結果が得られない…ということもあるでしょう。

まずはご自分の身体を「知る」ことが最短ルートの入り口です!

前述した、
弛んでしまう原因となる全く使われなくなってしまう筋肉には筋トレを、
張って太くしてしまう原因の使われすぎてしまっている筋肉にはマッサージやストレッチを施すことで、
これらを改善し、思い描く身体へと導いていきます。

では、自分の身体はどこが使われていなくて、どこが使われすぎているのか?
ここがエクササイズを始めるうえでのスタートになります。
この部分をパーソナルトレーナーにお任せ頂ければ、効率よくゴールまでたどり着けることでしょう。
病院でいえば薬を処方してもらう前の診察にあたり、車の運転に例えれば基本を学ぶ教習所といったところでしょうか。
エクササイズにおいても同じような段階が必要だと考えています。

 

やはりヒトの身体は複雑に構成されているので、
メディアで飛び交っている「○○だけ」みたいなものでは、一時的に誤摩化せても根本的には身体は好転しないでしょう。
(依存するのではなく、導入、きっかけとして利用するだけなら一つの手だと思います。)
また、目的によって手段が決まりますので、
目的が曖昧だと手段も曖昧になり、当然のことながら結果も曖昧になってしまいます。
これから身体づくりをしようとお考えの方は、その辺りを整理してから効率よく身体づくりが進められるよう、
パーソナルトレーニングをお勧めします!

■ トレーニングや取材など、各種お問合わせはこちらからお願いします! ■ トレーニングの予約は、Web予約が便利です!

クービック予約システムから予約する

■ LINE@始めました!お気軽にご質問ください!
 お友達限定のサービスもご案内します!

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です